お知らせTopics

「第16回青春21文字プロジェクト」に入選

全校生

2023.1.12 13:56

 

3年生の岡村爽風さんの作品が「第16回青春21文字プロジェクト」に入選しました。

岡村さんの作品、 「『何を話そう』君の笑顔を思い浮かべた三駅分」   は、応募作品4,557作品の中から上位100作品として選ばれ、歌人の俵万智さんによる最終審査を受けました。

なお、岡村さんの作品を含む上位100作品は、滋賀県立美術館ラボ&ギャラリーにて、1月17日火曜日から22日日曜日まで展示されます。

 

 

 

 

 

 

 

「命について考えました」

受験生

2022.11.28 12:55

 

11月24日(木)、3年生対象の人権LHRでは、「よしむら助産所」助産師の吉村真弓さんから「つながるいのち~助産の現場から思うこと」と題したお話を聴きました。

まもなく成人となり社会人としての生活が始まる3年生ですが、自らの命だけではなく、新たな命を生み育んでいくことの大切さ、すばらしさを先生のお話から感じ取ってくれたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JR近江八幡駅長より感謝状をいただきました

全校生

2022.11.02 19:22

令和4年10月31日(月)、本校1年生 髙阪雅晃 さんが人命を救助したことにより、西日本旅客鉄道株式会社近江八幡駅長津田昌行様より感謝状を贈呈されました。

9月20日(火)の通学途上、駅ホームにいたところ線路上に横たわる人に気づき、戸惑うことなくホームの非常ボタンを押したということです。

津田駅長様からは、「大人でも躊躇する場面で、勇気をもって行動してくださったことで人の命が救われました。本当にありがたいことです。」との言葉をいただきました。

本校にとっても、生徒が模範的な行動をとってくれたことは、非常に誇らしいことです。

 

贈呈式の様子 左から 髙阪さん 樋口校長 津田駅長様

 

贈呈式後 左から 津田駅長様 髙阪さん 樋口校長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【会計ビジネス系列2年生】卒業生講話

卒業生

2022.10.07 11:30

9月30日(金)、会計ビジネス系列の授業で卒業生講話を実施しました。2018年度卒業生(翔西館1期生)4名が、進学や就職の良いところや大変なところをパワーポイントを使いながら分かりやすく説明してくれました。身近な先輩ということもあり、生徒たちは真剣に卒業生の講話を聞いていました。また講話終了後の質疑応答では、生徒たちが積極的に質問する姿が見られ、1年後に迫る進路を考えるうえで非常に有意義な時間となりました。講話をしてくれた卒業生と講話の概要は以下の通りです。

 

〇藤野早耶さん(同志社大学商学部4回生)

・高校と大学の制度の違いについて(時間割、休暇等)

・大学は自分のやりたいと思ったことができる

・大学は様々な価値観を持った人と出会うことができる

・検定の合否ではなく、受験のためにどれだけ頑張ったかが大切

〇西尾栞奈さん(滋賀大学経済学部4回生)

・やらない後悔よりもやる後悔

・高校と大学の就職活動の違いについて

・高校生活では結果よりもとにかく頑張ったと思えることをつくる

・大学で人脈を広げることができる

〇北川麻友さん(マルホ株式会社)

・笑顔で挨拶をする

・社会人になって大切なこと(名刺交換、電話応対、報連相、メモをとる)

・接客業と製造業で求められる能力の違いについて

・製造業でもWordやExcelのスキルが求められる

・就職先を考える時のポイント(給与、仕事内容、やりがい等)

〇泉翔真さん(立命館大学経営学部4回生 公認会計士試験合格)

・高校時代で打ち込んだこと

・公認会計士の試験制度と仕事について

・公認会計士の魅力

・簿記の知識を実務でどのように活用しているか

 

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

日商簿記検定1級合格!!

全校生

2022.9.15 12:39

会計ビジネス系列に所属する、中澤優美さん(3年生)が、第161回日商簿記検定1級に合格しました。

入学してから授業と簿記部の活動で地道に努力を積み重ねてこられましたが、受験者数8,918名、合格者902名、合格率10.1%という難関資格を突破されました。

合格者には税理士の受験資格が与えられます。

中澤さんは、2年生の11月に日商簿記検定1級を初受験した時には合格点に後1点足らずに不合格でした。

非常に悔しい思いをされた時もありますがそこで諦めずその後も継続して勉強し、今年の2月には全経簿記能力検定上級に合格、そして最終目標だった日商簿記検定1級にも84点という高得点で合格されました。

本校では、日商簿記検定1級に合格した者は複数名おりますが、全経簿記能力検定上級と日商簿記検定1級にW合格した生徒は翔西館高校になってから初めてのことになります。

 

「アイヌ民族の歴史・文化・人権」について学びました

卒業生

2022.9.13 11:14

9月8日(木)7限目、2年生対象の人権LHRを実施しました。

今回は、「アイヌ民族の歴史・文化・人権」というテーマで、公益財団法人・アイヌ民族文化財団の藤戸裕子先生にご講演をいただきました。

北海道への「修学旅行」を控えた生徒たちは、実際のアイヌ語やアイヌの伝統衣装を使いながらの親しみやすい先生の語りに聴き入っていました。また、アイヌ語…失われた言葉、開拓という言葉の意味、アイヌ民族の置かれている現状などのお話から大切なものを感じ、考えていました。

 

令和4年3月1日 第4期生卒業式を挙行

卒業生

2022.3.07 19:49

弦楽四重奏で彩を添えていただきました

 

令和4年3月1日、第4回卒業式を挙行しました。厳粛な中にも華やかさを感じる式となりました。

昨年度に引き続き新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、式場への入場人数制限を行い、吹奏楽部による演奏も実施できない中、バイオリン、ビオラ、チェロからなる弦楽四重奏の生演奏により思い出に残る卒業式となりました。

卒業式では卒業生の入退場、卒業証書授与の担任呼名、そして卒業生代表答辞(3年5組福居歩美さん)の朗読時に演奏していただきました。

演奏してくださった楽曲「カノン」は、福居さんの周囲への感謝の気持ちを伝える言葉にのせて、荘厳な、またさわやかな雰囲気を演出し、卒業式に彩りを添えていただきました。

卒業生は新たな門出を祝福する生演奏を一生の宝として心に刻むとともに、共に過ごした友や恩師、後輩との別れを惜しんで学び舎を後にしました。

  

  

  

  

 

 

 

卒業生が公認会計士試験に合格!!

卒業生

2022.1.19 10:14

昨年11月に公認会計士試験の合格発表があり、本校卒業生の泉翔真さん(翔西館1期生・現大学3回生)が見事合格されました。

公認会計士試験は、短答式試験と論文式試験に合格しなければならない難関試験です。

泉さんは、大学と専門学校の両方に通いながら勉強し、短答式試験と論文式試験に1発で合格されました。

公認会計士・監査審査会の発表によると、本年度の試験には1万4192人が願書を提出し、最終合格者は1360人、合格率は9.6%でした。

また、泉さんは大手監査法人から内定をもらわれており、4回生からは大学に通いながら非常勤として仕事を開始されるそうです。

今後の更なる活躍を期待しています。

 

 

各種証明書の発行について(卒業生)

卒業生

2019.9.30 16:09

各種証明書の発行を希望される卒業生の方は、以下の案内をご覧ください。

 

卒業生の各種証明書の発行について

 

 

 

同窓会をかたったニセ電話にご注意を!

卒業生

2019.5.29 13:06

同窓会をかたった者からのニセ電話にご注意ください。

卒業生宅に同窓会と称して、ご家族から卒業生の住所、就職先・進学先、携帯電話の番号など個人情報を聞き出そうとする電話があります。

同窓会では、一切そのようなことは行っておりませんのでご注意ください。